B工事

サイトマップ

知っておきたいA工事B工事C工事のそれぞれの特徴

ビル

テナントの工事には、A工事、B工事、C工事があります。入居工事の打ち合わせ時にこのABC工事という言葉が出てきて、一体なんのことだかわからずに混乱してしまう入居者は少なくありません。そうなってしまわないように、しっかりとABC工事とは何かを知り、特徴を覚えておく必要があると言えるでしょう。
A工事から説明をしていきたいと思います。A工事というのは、オーナーが行う建物躯体に関わる工事です。費用はオーナーが支払い、業者もオーナーが選びます。なので入居者にはあまり関係のない工事だと考えて良いでしょう。一方でB工事とC工事は入居者が行うことになってきますので、特にしっかりと覚えておく必要があると考えられます。
B工事はおもに消防関連、建物躯体に関わる部分、原状回復工事などです。工事費用は入居者が負担しますが、業者はオーナーの指定となり費用も高くなりやすいので注意をしましょう。また設備はオーナーに所有権がありますのでその点も覚えておかなくてはいけません。C工事はその他の配線設備工事、内装の一部変更などの工事が当てはまります。費用負担も所有権も入居者です。つまり通常の工事とあまり違いがないと覚えておきましょう。

B工事とはどんな工事なのか

B工事というのは、まず、テナントが決まってから、テナントの要望によって、貸主が負担をしない工事をする、というタイプの行為になります。つまりは、オーナーが行う工事ではあるのですが、工事費はテナント側が負担する、ということになります。主として、ビル全体の施設や安全性、或いはまだ施工中なのであれば工程に影響を与える工事などがB工事ということになります。
例えば、既存の給排水、厨房給排気では利用しにくい場合、それを変更してもらう、というのがテナント側の要望としてある場合、それをやるのがB工事なのです。オーナーがやることではあるのですが、支払いはテナント側であり、工事業者はオーナー側が工事業者を指定することになります。
このあたりがB工事のポイントであるといえるでしょう。ですから、費用的にはかなりかかってしまうことがありますから、これは覚悟しておいたほうがよいでしょう。何故かといいますと安いところにお願いをする、ということが自主的にすることができないからです。オーナー側の指定した業者を利用することになりますから、これがかなり厳しいことになる、という場合があります。しかし、それでもやらないといけないことが多い工事です。

B工事の厳しいところ

B工事はどうしても揉める要素があるのですが、それでも仕方ないことになります。このB工事というのは、要するに自分でやることになるのだが、オーナーの許可が必要であり、また業者もオーナーが指定したところにする、という工事になります。例えばオフィスビルなりショッピングモールなどの場合、壁などに穴を開けられると非常に問題がある、ということになります。排水関係、配電関係なども勝手に弄られると問題が起きることがあります。
ですから、まずはそれをしっかりと認識しておきましょう。つまりは、B工事であるのかどうか、ということから考える必要がありますし、それはオーナー側が決めることが可能なことでもあるのです。確かに内装工事としてB区分というのはあるのですが、実は法律的にこれはそう、というのが明確に定義されているわけではありませんから、その点はそこまで心配することはないでしょう。
つまりは、意外と交渉の余地がある、ということです。但し、本当にインフラ関係、耐震性関係に関わってくる部分の工事となりますとさすがにオーナーの許可は必要になりますし勝手にやられても困るので業者を指定してくるのは正当な行為であるといえることでしょう。


オフィスや店舗のB工事についてはR-AXISにおまかせしましょう!
こちらなら適正化された費用のなかでB工事を依頼することができます。まずは見積もりを出してもらい、そこからよりスムーズに作業を進めていけるように様々な案を提供してもらいましょう。

TOP